歳をとると、肌にシミやシワが増えて老化するように、筋肉も年とともに衰えていきます。しかも右肩下がりで!

一生のうちで筋肉が最も多いのは、成長期を終えた20歳前後です。

思春期以降、成長ホルモンなどの働きで筋肉や骨が大きくなって丈夫になり、20歳前後で体格が決まります。

そのときの筋肉量が一生のうちで最も多いのです。

ただし、ボディビルディングのように筋トレをして鍛え続けていると、20歳以降でも筋肉は増えていきます。

しかし筋トレのような筋肉を鍛えるトレーニングをしない限り、筋肉は年とともに減少していきます。

減少のしかたは個人差がありますが、一般的には30~50歳までは1年で0.5~0.7%の割合で筋肉は減少します。50~80歳では1年に1~2%程度の割合で減少します。

つまり、20歳のときの筋肉量を100とすると、50歳では80、80歳では50まで減少することになります。

80歳になると20歳の頃の半分の筋肉しかないということです。

 

筋肉が減ると何がダメなの?

筋肉の減少はいわゆる中年太りの最大の原因になります。

筋肉はアイドリングしているエンジンと同じです。アイドリングしている車のエンジンがガソリンを消費しているように、筋肉は運動をしていないときでも体内のエネルギー源を消費しています。

体温を保つために熱をつくる仕事もしています。

動かなくても消費している最低限のカロリーを基礎代謝といいます。基礎代謝は1日に消費しているカロリーの6割にもなります。

そのうち筋肉は基礎代謝の2~3割を占めています。筋肉が減ると消費カロリーがダウンします。

それなのに若いころと同じ量の食事をしていては太るのは当然です。

太るか、痩せるかを決めているのは、食事からの摂取カロリーと、運動などによる消費カロリーのバランスです。

摂取カロリー>消費カロリーの状態ではエネルギー収支はプラスになり、プラスになった部分は体脂肪に変えて体内に蓄えられます。

お金なら蓄えたいですけど、体脂肪蓄えてもね・・・

また摂取カロリーは変わらないとしても、筋肉が減って消費カロリーがダウンすると、これまたエネルギー収支はプラスです。

中年太りの最大の原因は筋肉量の減少なのです。

中年以降もカッコいい体型を維持したいなら筋トレは必須です。
 

厳選10種のHMBサプリ人気ランキングへ